オンライン【ユニリハ】ポジショニングToシーティング 理論編 ~ポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~

主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2021年4月17日 (土) 14:00~17:00
場所

webセミナーツール「Zoom」にて配信をいたします

参加費

5,980円

内容

姿勢保持は筋力低下やバランス不良だけではありません。身体機能だけでなく認知機能や知覚機能も大切な構成要素です。

身体にかかる圧が骨を作り、循環が発生し、呼吸を行ないます。脚は大地を踏み、その安定から体幹の運動や手の作業を行います。重力があるからこそ、我々は生活が出来ているはずです。しかし、障害を呈した方はこの状況が大きな負担となります。
生誕より獲得してきた地球上での重力の使い方が全く通用しなくなるからです。
これでは、真っ直ぐに座る、立ち上がる、歩く等の運動はとても難しく、生活をしていくためには、その身体状況で再び重力環境下での身体の動かし方を学び直さなくてはなりません。

そこで座る準備状態ために、ポジショニングで筋緊張を整えます。
全身をリラックスさせて、呼吸、心拍数を落ち着かせて座る。そのために全身を受け止め、身体質量や重力を全て受容するようなポジショニング環境をつくります。
身体に影響する圧は数mmHgとなります。この環境で、座る前にまずは全身のリラクゼーションを図っていきます。 

つまり、座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』このアプローチがポジショニング To シーティングです。
 言い換えれば、高価な車椅子やシーティングシステムのようなモノに頼るのではく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、健康に対して前向きで全く新しいシーティング技術です。
この最新の知見を共有しましょう。

申込方法

下記URLよりお申し込みください

申込先

https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=34794

お問い合わせ先

日本ユニバーサルリハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
http://universalreha.com/

Top